もう夜露や霜に悩まない!!カメラ用USBレンズヒーター

ヒーティングホルダー(特許出願中)
取扱説明・PDF


USBレンズヒーター取扱説明書  (PDF)

温度コントローラー取扱説明書  (PDF)

特許出願中
オリジナルヒーティングホルダー・USBレンズヒーター装着例 オリジナルヒーティングホルダー
幅100mm角フィルター用
UBSレンズヒーター・ヒーティングホルダー
装着例


外形寸法 横  約 118mm
     縦  約 123mm
     厚み 約   3mm

対応アダプターリング
ヒーティングホルダー用アダプターリング
ヒーティングホルダー100用 アダプターリング 77mm ヒーティングホルダー用
アダプターリング
レンズ径 77mm
ヒーティングホルダー100用 アダプターリング 82mm ヒーティングホルダー用
アダプターリング
レンズ径 82mm
ヒーティングホルダー 幅130mm用 オリジナルヒーティングホルダー
幅130mm角フィルター用

外形寸法 横  約 149mm
     縦  約 150mm
     厚み 約   3mm


対応アダプターリング
X-PROアダプターリング
オリジナルヒーティングホルダー仕様
ヒーティングプレート 仕様
各メーカーとは一切関係ありません
ヒーティングホルダー
対応アダプターリング
幅100mm用
ヒーティングホルダー用 アダプターリング
幅130mm用
X-PROアダプターリング
ヒーティングホルダー
対応画角
アダプターリングによる周辺光量落ちがある場合がございます。
レンズ特性によりケラレ周辺光量落ちは、変動いたします。
ヒーティングプレート
対応画角
角フィルター押さえ板を1枚とヒーティングプレートを差替えの為、周辺光量落ち、ケラれ対応画描く等は、取付けホルダーに依存します。
本体材質 自動車・電車・航空機等で使われている
樹脂プレート
ネジ・ナット・ワッシャー材質 ステンレス・真鍮
対応角フィルター ガラスフィルター専用
厚さ2mm 幅100mm
非対応
プラスチックレンズ
プラスチックフィルター
ヒーティングホルダー 
角フィルター最大取付枚数
1枚
ヒーティングプレート
角フィルター最大取付枚数
取付けるメーカー製品により変動。
(2~3枚)
ヒーティング有効枚数は1枚になります。
電源接続形式・長さ ヒーティングホルダー
プレート部
DCジャック端子 オス

専用温度コントローラー部
USB端子ケーブル 約40cm
DCジャック端子 メス
130・150mmの場合は2個口になります。
電圧(V)・電流(A) 100mm DC5V・約1A
130mm・150mm DC5V・約1A×2=約2A
安全装置(ヒューズ) ミニガラス管ヒューズ 2A
ヒーター線・長さ・太さ 芯線螺旋巻被覆線
約70cm・約Φ2mm
ケーブルバンド ナイロン
接続端子 ギボシ端子・絶縁カバー・USB端子・
DCジャック端子
ヒーター部 発熱始動時間 約15~20秒
(手にもってヒーター部の発熱がわかるまで)
(常温20度にて実測)
温度が徐々に上がり飽和した時がヒーター部の
最高温度になります。
ヒーター部発熱温度 使用環境により変動
約45℃
(常温約20度にて実測)
PowerIQ搭載モバイルバッテリーではどちらの
USBポートに差しても同じです。
モバイルバッテリー 1A~2A出力及び PowerIQシステム搭載モバイル
バッテリーに対応。
写真では、モバイルバッテリー1個にUSBレンズヒーター ・ヒーティングホルダーの電源を取っておりますが個々にバッテリーを使う方が稼働時間が伸びます。
駆動時間
(ヒーター線1本使用時)
Anker社製 13000mA 新品フル受電にて
約 7時間
Anker社製 21000mA 新品フル受電にて
約11時間
(常温約20度にて実測)
角フィルター150mmで使用する場合は、ヒーター線を2本使用の為駆動時間が半分になります。
温度コントローラー使用時の駆動時間
(ヒーター線1本使用時)
Anker社製 13000mA 新品フル受電にて
約10時間
Anker社製 21000mA 新品フル受電にて
約15時間
(常温約20度にて実測)
重さ ヒーティングホルダー本体 約70g
専用温度コントローラー
(DC端子仕様)
専用温度コントローラー 約100g
ヒーティングプレート重さ 各メーカーホルダー装着前の重さ
ヒーティングホルダー用 アダプターリング レンズ径 77mm  約20.5g
レンズ径 82mm  約17.5g
LEE フィルターホルダー 100mm幅用 約28g
NiSi V5-Pro 100Holder System 約60g(遮光板付き)
KANI 100mm HOLDER 約70g(遮光板付き)
NiSi 150Holder System 約120g(遮光板付き)
KANI 150mm HOLDER 約150g(遮光板付き)
USBレンズヒーターが寒さで硬化している場合は、先にモバイルバッテリーに接続し、通電するとヒーター部が柔らかくなり取付しやすくなります。

ヒーティングホルダー・USBレンズヒーターを装着する時に、無理な力を加えないでください。
無理な力がかかった場合に、フィルター等が割れる恐れがある為、ヒーティングホルダーをレンズに装着前に
角フィルターを装着しないでください。
 
オリジナルヒーティングホルダー 装着手順
 USBレンズヒーター装着位置
USBレンズヒーターをレンズに通しアダプターリングを取付け、USBレンズヒーターをアダプターリングに設置後に、オリジナルヒーティングホルダーの裏面ローレットナットを緩め
(緩めすぎて、落としたり、無くさな いようにしてください。)
オリジナルヒーティングホルダーを装着し、裏面のローレットナットを絞めて固定します。
 ヒーティングホルダー裏側溝 オリジナルヒーティングホルダーをアダプターリングに取付ける際にヒーター線を傷付けないため、溝にヒーター線を押込んでください。
 ヒーティングホルダー裏側溝 ヒーター線を溝に押込む。 
 ヒーティングホルダー ローレットナット 裏面のローレットナットは、オリジナルヒーティングホルダーのアダプターリングへの固定や、角度をつけての固定にお使いください。
 ヒーティングホルダーケーブルフック
オリジナルヒーティングホルダーのケーブルフックからDCジャック端子ケーブルを横にスライドし外します。
 ヒーティングホルダー DCジャック端子接続
ヒーティングホルダーのDCジャック端子と専用温度コントローラーのDCジャック端子を先に繋いでから専用温度コントローラーのUSB端子をモバイルバッテリーへ接続します。
 オリジナルヒーティングホルダー・USBレンズヒーター装着完成
UBSレンズヒーター・ヒーティングホルダー装着
UBSレンズヒーター・温度コントローラーの使い方等に関しては、取扱説明ページを閲覧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

USBレンズヒーター説明ページへ

温度コントローラー説明ページへ

取り外しは、初めに、モバイルバッテリーからUSB端子を外して、取付と逆手順でお願いいたします。
 オリジナルヒーティングホルダーサーモグラフィー オリジナルヒーティングホルダー
USBレンズヒーター装着

常温 約20度でのサーモグラフィー温度分布
   
 TOP  サイトマップ